…FB に友人が投稿をいる記事をシェアします。

(講話の抜粋です---)


質問:
スピリチュアル(精神霊的)な
探究者であるとは
どういうことですか?


まず第一に、
それは二つのことを意味する。
ひとつは、
外面的に知られている生は
満足を与えるものではない、
外面的に知られている生は
無意味だということだ。

この生全体が
無意味なものにすぎないという
事実に気づく瞬間、
探求が始まる。

これは消極的な側面だ。

だが、
この消極的な側面がそこにない限り、
積極的な側面は後に続かない。

精神霊的な探究とは、
まず第一に否定的な感覚、
今ある生は無意味だという感覚をいう。


この生のプロセス全体が
死で終わりをつげる。

塵また塵・・
手のなかには結局何も残らない。

あなたは、苦しみ悶え、
地獄の思いで生を通り抜けるが、
結局何も成し遂げられずに終わる。
これは精神霊的探究の消極的な側面だ。

生全体が、
あなたがこれに向かうのを助けてくれる。

この側面・・
この否定性、
この欲求不満、
この苦悶・・は、
世間が行うことになる。


ひとたび
今ある生は無意味だという事実に
本当に気づいたら、
通常、
あなたは探究を始める。

無意味な生には
くつろげないからだ。

無意味な生とともに、
生のあらゆる事物と
あなたとのあいだに深淵がつくりだされる。

橋を架けることのできない溝が生じ、
大きく口を広げてゆく。

あなたは錨(いかり)を
失ったような感じがする。
そのときこそ、
意味があるもの、
至福に満ちたものの探究が始まる。
それが第二の側面、
積極的な側面だ。


精神霊的な探究とは、
夢の投影ではなく、
確固とした現実に関わることをいう。

私たちの生は、
何から何まで投影、夢の投影にすぎない。

それは、
あるがままのものを知ることではなく、
欲望の対象をかち取ることだ。

「欲望」という言葉を、
いわゆる「生」のシンボルと見なしてもいい。

生とは欲望の投影だ。

あなたは、
あるがままのものを捜しているのではない。
あなたは欲望の対象を捜している。

あなたは求めつづけるが、
生は欲求不満を与えつづける。

なぜなら、
生はありのままにあるからだ。

生はあなたの望み通りにはなりえない。

あなたは幻滅する。

現実があなたに
敵対しているわけではない。

あなたが現実と和合せず、
夢にのみ
波長を合わせているということだ。

あなたの夢は打ち砕かれて醒める。
夢を見ているさなかには
何も言うことがない。

だが、
どんな夢でもかなえられると、
何もかもが虚しくなってしまう。


精神霊的な探究とは、
この否定的な側面、
欲望が欲求不満の
根本原因であることを知ることだ。

欲望を持てば、
自ずと地獄をつくりだす。

欲しがることが世間だ。
世俗的であるというのは、
欲しがること、
あくことなく欲しがり、
欲望というものはすべて
欲求不満をもたらすだけだということに
決して気づかないということだ。

このことに
ひとたび気づいてしまえば、
あなたは欲しがらなくなる。

あるいは、
あるがままのものを
知りたいという
欲望だけが残る。


Osho -I Am The Gate