…「 人 間 」

…友人のFB投稿記事です。

(OSHO 講話/抜粋)


人間の二元性
その苦しみと可能性
人間とはジレンマだ。
エスとノーの両方だ。

あなたが
そのように感じるのは、
あなたが
異常だからではない。
それは人間の
あたりまえの状態だ。

人間は、
半分は地から、
半分は天から
できている。
人間は、
物質と意識から
できている。
塵と、
神聖なるものから
できている。
人間とは緊張だ。

ニーチェの言葉を
借りれば、
「二つの無限の間に
 張られたロープ」だ。

・・・

人間は、
その自然な状態で、
分裂した存在だ。
分裂は
病気ではない、
症状ではない。
それは、
人間としての
正常な状態だ。

エス
ノーが極端に分離し、
"and"という言葉によって
結ぶことさえ
できなくなったときにだけ、
それは
病気のように見える。

エス
ノーの間に
橋を架けられなくなった
ときにだけ、
それは
病的なものとなる。

さもなければ、
あらゆる人間は、
つねに
二元性のなかにある。
「あれでもない、
 これでもない」
という状態にある。

どのような動物も、
けっして
そのような状態にはいない。
犬は犬、
ライオンはライオンだ。
木は純粋に木であって、
岩も純粋に岩だ。
それらのなかには
二元性がない。
分裂がない。

人間とは
二元的な存在、
二重の存在、
分裂した存在だ。
これは
人間にとって
不運なことだが、
大きな喜びの可能性を
約束するものでもある。

これは
人間にとって
苦しみだが、
その苦しみのなかから、
大きな喜びが生まれる。
どんな動物も、
人間に可能なほどの
喜びを感じることはない。

・・・

空を飛ぶ鳥は
自由に見えるが、
自由について何も知らない。
ただ人間だけが、
たとえ
牢獄のなかにいても、
自由について知っている。

だから
人間は苦しむのだ。
一方では
自分の束縛に
気づきながら、
一方では
自由の可能性に
気づいている。
一方では
現実を、
みじめな現実を
自覚しながら、
一方では
とほうもない
光に輝く可能性に
気づいている。

・・・

人間は、
どんな動物よりも
不幸せになれる。
嘆き悲しみ、
涙を流し、
自殺したりする動物が
いるだろうか。
また、
腹の底から
大笑いする動物が
いるだろうか。
それらは、
人間だけに
可能なことだ。
そこに
人間の偉大さがある。
だが、
その偉大さは、
不安の源でもある。

Osho - The Book of Wisdom