…FB「OSHO japanese」 の記事です。

人とは、観照しているあなたの自己だ。

痛みが来て、その後に楽しみが来る。
幸せがあり、惨めさがある。

そして、瞬間ごとに、何がやって来ようとも、
あなたはそれと同化してしまう。
あなたは客になる。

主人を覚えておくがいい。

客がいるときは、主人を覚えておきなさい。

客には実に多くのタイプがある——
気持ちよかったり、嫌な感じだったり、好きな客、自分の客であって欲しくない客、いっしょに住みたい客、避けたい客——

だが、すべて客だ。

主人を覚えておきなさい。
絶えず主人を覚えておきなさい。
主人に中心を据えているがいい。
自分が主人であるということにとどまりなさい。

そうなったら、分離がある。
そうなったら、隙間が、合い間がある——橋は壊されている。

この橋が壊されるやいないや、放棄という現象が起こる。

そうなったら、あなたはそのなかにいるが、その一部ではない。

そうなったら、あなたは客のなかにいても、依然として主人だ。

あなたは客から逃げる必要はない——必要がない。 Osho

https://m.facebook.com/OSHOjapanese/photos/a.178265625519463.43212.177517668927592/1122751254404224/?type=3