…友人の FB投稿記事です。

 
瞑想中、
少しの間。
数秒の間。 
思考作用の停止が
感じられる....
そんな隙間が現れる。 
しかし、
思考作用の停止を
感じるのもまた、
思考作用だ……。
非常に微妙な
思考作用だ。

つまり、
あなたは内側で
「思考作用は停止した」
と語っている。
しかし、
それはいったい何か? 
それは新たに始まった
二次的な思考作用だ。

あるいはまた
「これが空虚だ」
とか、
「いま何かが
 起ころうとしている」
などと語る。
それはいったい何か? 
それもまた
新たな思考作用だ。

たとえそれが起こっても、
思考の犠牲に
なってはいけない。
たとえ
沈黙が
降りて来るのを感じても、
それを
言語化してはいけない。
言語化したら、
沈黙を破壊してしまう。

だから、
待つのだ。 
何 か を待つのではなく、 
ただ待つ。

何もしない
「これは空虚だ」
などと言わない。 
そう言うやいなや、
沈黙は破壊されてしまう。

ただ、
それに目を向け、
観つめ、
面と向かい、
そして、
ただ待つ。

言語化はしない。
どうして
急ぐ必要があるだろう?
言語化すると、
マインドは再び
別の経路から入り込み、
あなたを欺く。
マインドの
この策略には
気をつけることだ。

最初のうち、
それはどうしても起こる。 
だから、
それが起こったら....
ただ待つことだ。 
罠にはまってはいけない....
何も言わずに、
沈黙を保つ。

そうすれば
あなたは、
その中に入り込み....
それは
一時的なものではなくなる。

いったん、
真の空虚を知ったら、
それは決して無くならない。
真は決して無くならない。 
それは真の本質だ。

いったん
内側の財宝を知ったら、
いったん
自身の最深の核に触れたら、
たとえ
外側の行動に向かおうとも....
好きな事をしようとも....
普通の現世的生活を
送ろうとも....
その空虚は
いつもあなたと一緒だ。

それを
忘れることは不可能だ。
それは内側で続いている....
その音楽が聴こえてくる。

何をしようと、
その行為は
表層上にとどまり、
内側で
あなたは空虚のままだ。

内側で
空虚のままとどまり、
行為を
表層上にとどめられたら....
すること全ては、
神的なものとなる。 
行為は全て、
神的な質を帯びる。

なぜなら、
それは、
あなたに
由来するものでは
ないからだ。
それは、
根源的な空虚から、
根源的な無から
直接やってくる。

何かを語っても、
その言葉は
あなたのものではない。

Osho - The Secret of Secrets