読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「信心銘」by OSHO, 第七章、①

 第七章「一切の夢が やむとき」P.283~


 “安心も不安も迷いの故だ。

 光明とともに、好悪は消える。
 
 すべての是非は、無知なる解釈によって起こる。

 夢のようなもの、空中の華のようなもの、

 捕らえようとするのは愚かなことだ。

 得だとか、正しいとか、間違っているとか、

 そのような思いは、ついには一瞬にして止むべきものだ。

 一つの眼が眠らなければ、

 一切の夢は自ずから止む。

 思いがどんな区別もしなければ、

 万物は、そのあるがままで、

 ただ一つの精髄の顕れになる。

 この精髄を理解することが、

 あらゆる混乱からの解脱だ。

 一切が等しく見えるとき、

 永遠の自己に到達している。

 そこは比較も比喩も不可能な、

 因果の絆の断たれた所だ。”


…②に続く